ryu-hashimoto’s blog

グルテンアレルギースキーヤー、ドローンパイロットの話

回転寿司でグルテンフリーを探せ

手軽でリーズナブルに食べられる回転寿司。
新鮮な魚介類を短時間で食べられる、日本古来からのファストフードでもある回転寿司はグルテンフリーなのでしょうか?
きっちり調べてみないと難しい外食の中でも最も手ごわい結果となりました。

イメージと異なる小麦入りのメニューたち

一般的な寿司店で考えると、グルテンからは結構遠い存在でしたが、回転寿司のチェーン店を調べると、意外に小麦が含まれるメニューが多いことに驚かされます。
しかも、チェーン店を運営している会社によってもその取り組みが異なりますし、さらに同じ運営会社でもチェーン店のブランドによって小麦が含まれていたりするので、調べるのは大変です。そこで2018年の人気回転寿司店ベスト3に絞って調べてみました。

第1位 はま寿司は微妙すぎる

大人気のはま寿司もオリジナルメニューはグルテンだらけの結果でした。
しかも残念なことにHPなどのインターネットでは公開されていないので実際に店舗に行くか他のブログなどの情報を頼るしかありませんでした。
HPはしっかり作られているので運営会社ではアレルギー情報の開示は出来るだけシンプルに行おうと考えているのでしょう。でも、正直お店に入店してからアレルギー情報を貰っても困るだけですよね。
以下は小はま寿司の麦を含まないメニューの代表的なものです。
・本マグロ中トロ
・本マグロ炙り中トロ
・あわび
・生うに
・ネギトロ巻
・マグロ
・シメサバ
鉄火巻
・かっぱ巻
・国産大豆の納豆巻
・真ダコ
・生たこもみじおろし
・いくら
・うに
・日本近海産生しらす
・マグロのまかない軍艦
*正直疑わしいです。いくらは塩漬けでない限り醤油を使用します。一般的な醤油には小麦が原料で使用されているので、いわゆるキャリーオーバーは無視しているのでしょう。

第2位 スシローは果たして・・・

スシローはアレルギー情報をHPで開示しているので、入店前に確認ができてとても便利です。しかも、原料に小麦を使用していなくとも、工場で製造ラインを共用している場合の表示もされているので信頼感が高いです。
しかし、製造ラインの共用も含めると驚くことに寿司メニューのすべてに小麦が含まれています。グルテン反応が強い人や、セリアック病の方は入店しない方が得策です。
その中でも、製造ラインを共用しているが原材料に小麦を使用していないメニューを調べました。
・赤エビ
・アジ
・アジの酢洗い
・炙り生サーモン
・甘エビ
イカ
・天然インドマグロ
等々です。
詳しくはこちらから

第3位 くら寿司は?

無添くら寿司のネーミングから添加物を一切使用していない「無添加」にイメージが直結しますが、そうではないようです。

くら寿司のシャリはグルテンフリー


===2018年9月22日情報===
なんと、くら寿司のシャリにはグルテンが含まれていないそうです!
以下は問い合わせしたメールです。

こちらはくら寿司本部でございます。

お問い合せ頂きありがとうございます。

 

お客様より頂いたメールを拝読致しました。

弊社のシャリは、米酢を使用しております。

シャリの原材料には、小麦は含まれておりません。

 

本日時点の内容です。

厨房内では多くの商品を扱っている為、意図せず他の食材が混入・付着する場合があります。

 

これからもより多くのお客様にご満足頂けるよう尽力して参ります。

今後ともくら寿司をご愛顧頂きますよう、宜しくお願い致します。
================================


以下は小麦を含まないメニューの一部です。
・アジ
・うに
・えびアボカド
・えんがわカレイ
・こはだ
・さんま
・びんちょう赤身
・熟成まぐろ
・そでいか
・鯛
・贅沢ビントロうに添え
等々です。
詳しい情報はこちらから

そもそも本当にグルテンフリーなのか?

基本的な疑問ですが、コスト重視ですし飯を考えると、穀物酢を使用しているんじゃないかということです。穀物酢の大半は小麦を含んだ醸造酢なので疑問だらけです。
さらに、いくらも小麦表示がされていたりいなかったりと疑念は増えるばかりです。
そこで、心配なので現在メールで問い合わせ中です。
結果が出次第、この記事を更新したいと思います。

やっぱり自宅でグルテンフリー醤油が無難でしょうか?
最近のお気に入り、刺身にはこれがいい